2012-04-26

プエルトナタレス パイネ国立公園へ

チリのプンタアレーナスから、少し北上してプエルトナタレスへ。バスで3時間くらい、移動費も5,000ペソ(約850円 ※1,000チリペソ=170円で計算)とチリの物価とアルゼンチンの物価の差に驚く。

また移動中の景色が素晴らしい。
当たり前なんだけど、家があると、ここで生活している人がいるんだなと思う。どういう人生なんだろうか。

街はかなり小さくて、中心部に小さい広場があり、学生がごろごろしたり、スケボーやったりしてた。気温も少しだけ暖かい気がした。

私はこの小ささがちょうどよくて、雰囲気も好きだし、すごく気に入った。標識がかわいい。

街の真ん前に海があって、そこで見る景色が本当にすごかった。毎日夕暮れ時にぼーっと過ごしたりした。

このプエルトナタレスという場所はパイネ国立公園へ行く入り口の街として有名で、トレッキングやキャンプを楽しみに皆来ているという感じだった。キャンプ用品はホテルや、街中にある店で借りられるため、装備はなくても大丈夫だと思われる。ただ私は1人だし、山キャンプを1人でするのは未経験なのと、服が冬山装備じゃなかったのでやめた。ホテルで同じ部屋の人たちに聞いてみると、「すっごいよかったけど、すっごい寒かった!!」という感想がほとんどであった。行く人は気をつけて(特に夏の終わりのシーズン)

街中に沢山ツアー会社があるので、そこから好きなメニューを選ぶといいと思われる。私はもうホテルと提携しているツアー会社からでているトレッキングツアーに出発

朝6時半くらいに出発。朝焼けが本当にすごかった。

最初はミロドンの洞窟へ。入場料はツアー代金に含まれておらず、3,000ペソ(約510円)

横に広い洞窟なので、明るさは保ったまま、ずっと奥まで進んで行くような感じ。

ちなみにミロドンはこいつ。絶滅した動物で、この洞窟で骨が見つかったらしい。

あと、パイネ国立公園とは関係ないと思うんだけど、パタゴニアの先住民族でセルクナム族(Selk'nam)という民族がいて(絶滅した)、そのグッズが非常に気になった。最初見たときはドラゴンヘッドのノブオを思い出してしまった。でもこの先住民族はウシュアイアのテイエラ・デル・フエゴ方面も含めて存在していたらしい。本があってかなりほしかったのだけど、高くて断念・・。

そしてこれが、トーレス・デル・パイネと呼ばれる岩峰とグアナコという動物。グアナコはとにかく沢山いるが、パタゴニア地域にしか生息していないらしい。バスが山中を通ると、びっくりして顔をあげるのがかわいかったけど、可哀想でもあった。

ここから先は国立公園内に入るため、入場料が別途必要。15,000ペソ(約2550円)。私完全に忘れており、全くお金を持っておらず、バスの隣の席の人におごってもらうという惨事。途中、山が見える色々なポイントに立寄り、パイネ国立公園の最高峰であるパイネグランデ山がみえるところへ。

しかしこの木の焼けたような感じはなんなんだろう。と思ったら、12月末に山火事が起きて、その被害だということだった。私が見る限りでもかなり広範囲にわたって焼けていた。しかもキャンプをしている人の火の不始末だとか。いつでも自然を壊すのは人間なんだなあと。 記事
一体通常の景色に戻るのには何年かかるのだろうか

ここはサルト・グランデという滝があり、その後ろにパイネグランデ山がみえるという感じ。

お昼を公園内のレストランで各自とり、ただかなり高いので、ほとんどの人がお菓子などを持参して分け合って食べた。私もその中の1人。確か2-3,000円はしたんじゃないか。
レストランの近くの湖はかなりきれいだった

そして最後はグレイ湖へ。晴れていればもっと蒼々とした氷河がみえるはずが・・こんな感じでした。がっかり。

そんな感じで早朝から、夕方まで一気にパイネ国立公園のハイライトを観光したという感じ。正直色々な場所に少しずつ停まって、写真撮って、次って感じだったから疲れたという感想。天気がよければもっとよかったのかなあ。やはりキャンプが一番いいんだろうなという風に思った。
ただ、結局シーズンオフまじかに到着したので、これがこの時点でのベストに近い選択肢だったとも思う。

■ツアー情報
ツアー会社:Comapa Tour (宿泊していたHostal Lili-Patagonicosにて予約)
料金:22,000ペソ(約3,740円)
※その他にミロドン洞窟入場料(3,000ペソ)、パイネ国立公園入場料(15,000ペソ)が別途必要
その他:食事なし、ガイドは英語とスペイン語

プエルトナタレスでは公園内の湖や川をクルーズするツアーにもいったので、それはまた次回。

最近の私ですが、南米5カ国目のペルーへ先日入国。今は標高3,800mのプーノというチチカカ湖がある街に滞在しています。明日はクスコへ。マチュピチュまでもう少し。
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除