2017-08-03

連続する釈迦像

シーギリヤロックに近いから、ダンブッラ(Dambulla)に滞在したが、ここにはもう1つ見所がある。スリランカで最も保存状態が良いと言われている石窟寺院だ。

スリランカは人口の約70%が仏教徒で、菩提樹を非常によく見かけた。

石窟寺院は街の中心からは徒歩で行くには結構遠い(泊まっている場所によるが、中心から30分は歩く)ので、行くならトゥクトゥクが良いかと思う。と言いつつ、私は30分歩いて行った。

黄金の仏像が乗った、とても奇妙な建物が見えるから場所はすぐわかる。
この建物は博物館だから、石窟寺院の入り口は向かって右側の階段を登っていく必要があった。

中には入らなかったが、せっかくなので周辺を見ると、仏像に向かって歩くお坊さんの置物が。托鉢の様子に思える。
黄金の仏像の近くまで行ってみたが、ところどころに蜂の巣ができていて結構怖かった。

石窟寺院の入り口は意外と遠く、しかもずっと坂であまりに辛くて写真がない。中間地点で、チケット売り場はまた別の場所だと言われて、少しだけ下りやっとチケットを購入。
1500ルピー(約1,080円 100ルピー=72円)。

チケット購入してから、また辛い階段が・・・。ちなみにトゥクトゥクだと、このチケット売り場の前までこれる。

寺院には裸足で入るため、入り口前で靴を預ける必要がある。25ルピー(約18円)
入り口に入るとすぐに、また菩提樹の木があり、名前の通り岩山を掘って寺院を作ったのがわかる。

5つの洞窟に分かれており、それぞれ涅槃像や釈迦像がたくさん保存されていた。その光景はいろんな国でも見ることはあるのだが、一番驚いたのは、まるで包装紙のように連続する釈迦像の模様が壁いっぱいに描かれていたことだった。


奥の方の洞窟では調査と修復が行われていた。驚いたのは女性の多さである。割と男性が多い仕事なのかと思っていたし、やっぱりまだ発展途上国だから、教育の平等さもわからないが、いた人のほぼ半数が女性だった。

石窟寺院にたどり着くまでが本当に大変だったけど、寺院の中はなんとなく落ち着く場所だった。
ダンブッラの町にこれ以上みたいものがなかったため、予定を1日繰り上げて、次の町に行くことにした。

ダンブッラ滞在:2017年6月12日〜15日

2017-07-09

いきなりシーギリヤロック

ダンブッラ(Dambulla)に来たのは、世界遺産でもあるシーギリヤロックを見るためだった。シーギリヤロックの近くに宿をとっても良かったのだが、有名遺跡の町の物価は少し高めだということだったので、その手前のダンブッラに来たのだった。

前日のダンブッラの町からホテルまでのトゥクトゥクドライバーが、1600ルピー(約1152円 ※100ルピー=72円)でシーギリヤロックまでの往復と、その間にある行きたいところがあればどこに寄ってもいいというプランで提案してきたので、それに乗ることにした。
本当は交渉すればもっと安く行けるんだろうけど、とはいえ結構な距離を1000円だから、まぁいいかなと。

朝7時半にホテルに迎えに行きてくれて出発。途中で見える風景をいちいち説明してくれた。なかなか面白い話ばかりだった。
カシューナッツの畑があり、実を初めて見た。緑部分がナッツでオレンジ部分はカシューアップルと言ってフルーツだ。

写真だとわかりにくいけど、中央にツリーハウスがあって、これは植えてある稲を食べに夜象がやってくるから、見張っているのだとか。そもそも象が来るって・・・!

そうこうしているうちに40分くらいで到着。到着するとすぐにガイドを雇わないかっていういろんな人が寄ってくるが、やはり断るとすぐいなくなる。
スリランカの物価を考えると、入場はちょっと高めで、30ドルまたは4620ルピー(約3326円)。

シーギリヤロックは5世紀に建造された岩の上の王宮跡。後で登ってみて思うが、こんなに登るのすらしんどいところに、王宮を建てるとは、なんとも信じがたいことだ。そして1875年にイギリス人によって発見されたそうだ。こんな今でも何もない場所に、もっと何もなかったであろう時に、王宮を発見したことを想像すると、相当な喜びだっただろうなと思った。

チケット売り場のすぐ隣に博物館があり、一応そこを見学。おそらく8時半だったと思うが、国歌と思われるものが流れて、スタッフ全員が仕事を中断し歌い始めた。誰も動かないので、何となく自分も動けなかった。
博物館は発掘物の展示や、当時の暮らしの再現などがあり、さらっと見た。

そしていよいよ、シーギリヤロックに向かって歩き始めるとすぐに遠くに見えてきた。あれの上に王宮が。

近づくとやはり大きくて、驚く。岩自体の高さは約195mとのこと。

岩の間を通っていく。ここから結構きつめの階段を上り、もう少し上へ。

もっと上ると、シーギリヤレディという壁画の場所にたどり着く。その先は、王宮に向かう階段だ。超でかい蜂の巣があるらしく、攻撃が始まったら王宮にはいけないとのこと。怖すぎ

シーギリヤレディは今はもう写真撮影が禁止されている。昔はできたらしい。複数の女性の壁画なのだが、それが誰なのか何のために描かれたのか謎らしい。岩の中腹に壁画があり、だいたいそこに描かせたこともすごい話である。

そこを抜けるとミラーウォールという、当時はピカピカに磨かれており、対面に描かれていた、壁画を映し出したと言われている壁がある。今は観光客の落書きでいっぱいになっており、近寄れないようになっている。

さっきまで歩いていた道がもうあんなに遠くに

このくらい遠くというと、どれだけの高さを急激に上ったか何となく想像つくかもしれないが、さらにこの後死ぬほど急な階段を上る。
そしてやっとたどり着いたのが、王宮の入り口である、ライオンの足だ。
当時は足だけではなく、頭もあったといわれており、ここの高さを考えると、どうやって作らせてんだって思った。
足はかなり大きい
さすがにさらに急な階段を見ると、上る気がなかなか起きないので、少し休憩。ここは上れない人のためにも、ベンチがあったり、ちょっと休憩できるようになっていた。

意を決して上り始めるが、怖いのと、本当にきつい。しかも暑いし、今じゃないと来れないと思ったが、日本の中年の団体旅行客が降りてきたのを見て、頑張って上った。

頂上に着くと、そこはやっと王宮跡。プールもあったり、かなり豪華だったのだろうと思う。どうやって水をひいていたのか。
もともとこんなところに王宮を建てたのは、父を殺してしまった王が、弟の復讐を恐れて逃げるように岩の上に建てたのだと言われている。当時はどのように上に上がれたのかわからないが、相当きつかったので、ここにいれば安全と思うのもわかる気がした。

そしてまた来た道を戻り、トゥクトゥクの駐車場へ。ダンブッラに帰るまで、日本のツアーで寄るような、おみやげ屋さんに寄られたりしたが、全てしつこくなかったので助かった。帰りに街中でご飯を買って帰ったが、前日のいまいちなカレーがあったため、恐る恐る食べてみると、驚くほどの美味しさだった。スリランカの食事はやはり大丈夫かもしれない。