2012-03-17

アマゾンジャングルツアー(3日目)

アマゾンジャングルツアーも3日目、最終日。2日目の話はこちら → アマゾンジャングルツアー(2日目)

3日目、もはや時間はわからないけど、朝日が昇ったら自然と起きた。ガイドさんによりまた食事の用意と、お湯を沸かしてコーヒーを飲んだ。アマゾンでコーヒーを飲むとは思ってもいなかったわ。


そしてまた来た道を歩いて戻る。食材は食べたので、少し行きよりも荷物は軽い。到着してシャワーを貸してもらって、ビールを飲んだり、だらだらした。私強盗にあったことはガイドさんに言ってなかったんだけど、なぜかビールをおごってくれた。見知らぬブラジルの方にもらった20レアルももうなくなりかけていたので、とてもうれしかった。

少し休んだら、ガイドさんとともに、工作。男性には吹き矢、女性にはネックレスを一緒に作った。なんで男性って武器みたいなものもらうと大人でも子供でもすごく喜ぶんだろうね。みんな超楽しそうだった。


最後の日は快晴!天気がいいなかまたボートで街までかえり、今度はツアー客だけのバスでホステルまで戻りました。


ホテルに併設されたツアー会社にしてよかったなと思ったのは、帰ってからもみな同じホステルに滞在するので思い出話ができること。一緒のグループではなくても、どこかのタイミングで一緒になったり、ロッジではご飯は一緒だったりするので、なんとなく顔見知りになっている。私はずっと1人だから、あまり誰かとその後感動を共有するってことはなかったけど、こういうのもいいなと思った。
私が参加したのは、かなり軽めのツアーだったと思う。でも普段から運動やアウトドアしない人にはちょうどいいのかもしれないとも思った。結局長く旅行する時は体が資本になるので、無理して怪我してもしょうがないと思う部分もありつつ、チャレンジしたい人はいくらでもハードはツアーはあると思います。

以下はツアー会社の人に言われた持ち物+私が持って行った方がいいと思ったもの(2泊3日の場合)
・着替え(長袖は絶対必要、寒さ対策と虫対策、いっぱい持っていくよりは1着を汚しきって、帰りに着替えるのが1番いいかも)
・水着(3月は川も冷たいのでいらなかった、季節により)
・水2リットル(飲み水は提供されますが、ジャングル内に持っていくためのもの)
・虫除け(絶対必要、蚊以外にもとにかく虫は多い)
・汚れたものを入れる袋(ジャングルに泊まるととりあえず服は汚れます、泥とか、天気がよければ洗って乾かせるけど、雨季だとぬれたまま持ち帰る可能性も)
・トイレットペーパー(ジャングル内で当然使うのと、それ以外にも結構便利)
・毛布替わりになるもの(私は薄い寝袋のようなもので足りた、ジャングルの夜は寒いです)
・レインコート
・カメラ(防水のほうがいい)
・サンプルでもらうようなシャンプー/コンディショナー(どうせ汚れ続けるのと、シャワー水で寒いから、全部終わった最後に1回使った。ボトルを持っていくのはさすがに重すぎると思われ、しかも使わない)
・カバンも布じゃないほうがいい(雨が降ったりやんだりなので、中身全部ぬれるよりはいいと思う)
・しいていうなら靴はアウトドア用のほうがいいかもしれない(普通のスニーカーで充分ですが、泥沼に入った時は結構やばかったので)

まあそんなもんかなあ・・・重要なのは寒さ対策になるものくらいだろうか。結構忘れがち。あとは事前に言われるし、予想できる範囲内だと思うので。荷物は常に持ち歩くわけではないけど、少ない方が楽なのは確か。本当に必要なものだけ持っていけばいいと思います。

そんなわけで2泊3日のジャングルツアーも終わり、マナウスも残すところあと1日。最後の滞在日に盗難証明書をとりに行きました。最後の日は世界三大オペラハウスのアマゾナス劇場を見学しました。マナウスの街自体、盗難により写真データがないので、アマゾナス劇場だけ、別でエントリーしたいと思います・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿