2012-02-03

私の知っているどことも違う場所

ラスベガスに滞在している間に、グランドキャニオンとアンテロープキャニオンに行った。
今度は日本語で説明を聞きたかったので日本人がやっているツアー会社を選んだ。
http://www.lasvegasconcierge.us/

朝5時にホテルを出発して車で何時間だろう・・昼前くらいにアンテロープキャニオンに到着した。
私が説明するよりもまずこれをご覧ください アンテロープキャニオン

主に水の流れからできあがった形らしく、今でも雨が降ると絶対に近づいてはいけないらしい。
鉄砲水で観光客が亡くなることもたまにあるようだ。
そして私のアンテロープキャニオンの記憶といえばglobeの「Is this love」のPV。懐かしい。
当時はこんなところまできてPV撮影する予算があったんだなあと90年代を思い出すのでした。

アッパーアンテロープキャニオンとロウワーアンテロープキャニオンに別れていて、私が行ったのはアッパーのほう。
ロウワーは見学がもう少しだけハードなようです。
そこまで行くには、自分の車では入ってはいけないので、ナバホ族の人が運転する四駆に乗り換えて出発。
彼らはここをよく知っているので、色々な説明と、写真を撮るポイントを教えてくれます。

車を乗り換えてからはパリダカールラリーのようだよ、と言われたけどほんとにぼっこぼこの道を進む。
自分の車を乗り入れられないというか、普通の車じゃ耐えられないや。


そして入り口が!


あとは写真で












心ない人が自分の名前を彫ったりしてしまうことも・・・やめましょう


きれいとか、すごいとかじゃなくて、美しいと思った






反対側に出るまでそんなに距離はないのだけど、
もう異空間すぎて本当に時間を忘れた。

このポーズを強要される笑


アンテロープキャニオンの本当にすぐ隣に火力発電所がある。


前は火力発電所が危ないからという理由で、廃止して原子力発電所をつくろう!という看板がそこらじゅうにあったと言っていた。
でも3月11日以降はその看板が撤去されたんだって。確かに私が通ってきた道には1つもその看板はなかった。
アメリカではわざわざ看板を外す労力を惜しまないくらいは危険であるという話が広がっているということなのか、もう少し色々な人に話を聞いてみたいものだ。

また車を走らせ、今度はグランドキャニオンへ。
前日まで雪が降っていたから、当日の午前中までは国立公園が立ち入り禁止になっていたようだが、午後だったので入れた。
雪の季節は注意ということです。

正直写真だと全く感動が伝わらないと思った。








でも私はアンテロープキャニオン以上に感動した。
なんだろう、本当にこんな場所があるんだ、というか、人間の敗北感というか、自然すげー!みたいな。
ただ単に静かという感じではなくて、無音な感じ、吸い込まれそうと思った。

鹿もいたよ


車から撮ったので反射しちゃっているけど、360度何もない場所で夕日が沈むと、
沈んだ夕日が空に反射してすごくきれいだった。



本当に私の知っているどことも違う場所でした。これからもっとこういうところを見てみたいな。満足。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント:

  1. アッパーアンテロープキャニオンの中の写真すごいね!!なにかちょっと宗教的な感じがするほどの迫力だ!

    返信削除
  2. 確かに!宗教的な感じする。とても神秘的な場所だったよ

    返信削除