2012-01-07

ワシントンD.C. ハイライト

気温がマイナスで風が強くて寒かった思い出が一番残ったワシントンD.C.
オバマ大統領にも会えないし、冬に行くのはおすすめしません。

街の印象はとにかく作られた感がすごいということ。計画都市だというのもあるかもしれない。
中心部はもはや人が住んでいる気配すらないと思った(時期的なものもあるかもしれないけど)
アメリカの首都だけど、東京のようなざわめきはない。
まずはワシントンの地図を見てみてください

とにかくすごくでかい公園内に色々なモニュメントとメモリアルと博物館、美術館。
博物館や美術館はほとんどただで入れるので、見るものに飽きることはないのはいいかな。

あと星条旗の多さにはびっくりした。中心部の建物が白っぽいものが多いのは旗を目立たせるためなのだろうか。
まだまだ何もない公園の地図を見ていると、なんだかこれからいくつ戦争がおきても、メモリアルつくれるぜって言っているような気がしてぞっとした(勝手な想像です)
これ以上なにも建設されないといいね。
ワシントン全体が、これがアメリカ、アメリカって広いんだぜ、すごいんだぜっと言わんばかりの押し付けがましい感じが私の中からは拭いきれず、個人的にはあまり好きな場所ではなかったなと思いました。
主張が嫌な訳ではなく、もっとこじんまりした場所が好きなので、という意味で。
でもあの広い公園は夏は気持ち良さそうだね。

国会議事堂(United States Capitol)

とにかく大きい

ワシントンモニュメント(Washington Monument)

ジョージワシントン大統領の功績をたたえてつくられたそうです。
ずっと地名が元になっているのかと思っていた。

ホワイトハウス(White House)

この距離までしか近づけない。イメージはもっと近づけると思っていたのだけど。
ホワイトハウスから見えているだろう景色


リンカーンメモリアル(Lincoln Memorial)

これも予想以上の大きさだった

人こんなに小さいから

ほんとはワシントンモニュメントまで池があるはずが、工事中でした


航空宇宙博物館(The National Air and Space Museum)

個人的には一番おもしろかった。
荷物チェックはあるけど、ノートPCについて何もいわれなかった。無料ではいれます。
宇宙のコーナーでは月に旧ソ連とどちらが先にいくか競っていたときの経緯や、
アポロ11号の月到着時の色々とか(疑惑説もあるのでそれを知ってからいくと面白い)、
第二次世界大戦時の航空機の展示とか(勝利国の表現はこうなるのか、と初の体験)

中華街

規模は小さいけど、やはり困ったら中華。

あとはペンタゴンもいったけど、写真禁止だったので写真はありません。
基本的には中心部にある公園周辺に全てがあるので1日〜2日、美術館・博物館等もっとみたかったら時間が必要ですが、
そのくらいの滞在で満足でした。

うむ、やはり全ての写真が寒そう。
いくなら夏です。

ワシントンD.C.滞在:2012年1月2日〜5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿