2012-01-26

国境の街エルパソ

ヒューストンを去って、メキシコとの国境の街の中で1番大きいエルパソ(El Paso)へ出発。

エルパソに関しては、
母が読んでいるガイドブックによるとアメリカで2番目に安全な場所らしく、
友人の助言によると怖い目にあった人がいる場所でもあり。さて、どういう所なのだろうか。

確かにエルパソからメキシコ側へ入るとフアレスという街に到着するが、そこは麻薬に関して抗争がずっと続いている街で、
警察の責任者がギャングに屈して辞職したというニュースがあったり、何千人もその事件関連で殺害されていたり、
と、それはメキシコ側の話だけど、そこから入国してくる人が暮らしている街なのだから、少なからず不安はあった。

『ノーカントリー』という映画で、麻薬取引をする最強の主人公が初めてエルパソで失敗して、
後ろから撃たれながらメキシコ側へ走って逃げるというシーンがあって、私もそういうイメージがある。

移動はまたAmtrakで約19時間、74ドルでした。
今回は今までの教訓をいかして、夜も寒くないようにバスタオルとダウンを常備して完全に乗り切った。

電車から見える景色もなんだかいつもと違う


Amtrakはよく遅れると言われるが、初めて遅延に遭遇した。2時間くらい、動物が線路を横切っていたかららしい。
でもちょうど電車からきれいな夕焼けが見れた。


着いてから驚いたのは、結構都会的な部分があるということ。

普通にビルがあり、ビジネスマンもいる(当然か)

ここで地図 →エルパソ
San Antonio Ave.というところを境に、かなり雰囲気が変わる。
ある意味ここが国境だと思った。
El Paso St.をまっすぐいくともう国境の管理事務所になる。
その道沿いの店たち

よくわからないお店(しかもすごく多い)


露店


靴屋


布団屋


建物の色もなんだか違う


日本でいうドンキホーテみたいな色々ごちゃごちゃに売っている店も多く、
しかも似たような店ばかりだった。繁盛しているのだろうか?
メキシコへ行く(帰る)人、アメリカに来る人がこの通りで買い物をたくさんしていた。ほとんどが生活用品。





近くではフリーマーケットのようなものもやっていた


とにかく商品が多い


あとなぜかドレスの店もすごく多かった。


国境への道はもしかして危ないかな?と思ってたけど、
客引きに全く声をかけられることもなく、活気はあったけど、危ない感じが全然しなかった。
夜にちらっとみてみたら、店は全部閉まっていて、というか街から人が全くいなくなっていた。
どこに行ったんだろうと思うくらい静かで、少しだけホームレスの人がうろうろしてた。

誰かの生活の一部を盗もうという感じが街から全く感じられず、
とても穏やかで、すこし異国の雰囲気が味わえる街だと思った。
駐禁をとるひとはセグウエイだったり、なんかいろんな文化がごっちゃになってる。

そしてこれがメキシコへの道


結構混んでいる、なんかちょっと買い物に行ってくる、みたいな感じにもみえる


私は国境を越えないので、これ以上はいけないけど、
遠くの方に本当の国境線がありアメリカの旗とメキシコの旗が2つ


この混み具合を考えると、ノーカントリーの走って逃げる、てのはまあ無理だよな・・。

こっちはメキシコから入ってきた人たち


至ってすべてが普通です。
多分たまに何か問題はあるのかもしれないけど、私が思っていた感じとは違っていた。

国境と反対側には大学があって、そちら側はメキシコっぽい感じが全くなかった。
ちょっと歩くとすぐに乾いた山が


気候はすごく暖かくて、風が強いと自分が砂だらけになるけど、
なかなか興味深い場所だった。
どこに行っても(日本でも)危ない目に遭う時はあるから、その時々なんだなあと改めて思ったのでした。

エルパソ滞在:2012年1月19日〜21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿