2012-01-14

ナイアガラの滝(Niagara Falls)に行ってきた

自力で行くのは難しそうだったので、カナダトロントで日帰りツアーを申し込み行ってきました。55ドル。

泊まっているところにバスが迎えにきて、色々なホテルで人をピックアップして出発。
8時50分に私はバスに乗ったけど、全員がそろったらすでに10時くらいだった。

バスで1時間半くらいで滝の近くのSkylonという滝が上から見えるタワーに到着。
別料金で上りたい人だけが行ってよくて、せっかくなので上へ。
この寂れた感が何とも言えない。


エレベーターで一気に最上階へ行くのだけど、乗る前に合成写真を撮らされる。
私1人だけど、なぜか写真撮る人から「驚いた顔して!」と無茶ぶり。いつもならやらないけど何かやってしまった。
その写真は欲しい人だけ買えるのだけど、あまりによい出来で買ってしまった私。家に送ろう。

上から見るとこんな感じ

天気がよくて水が反射して灰色に見えたので、まるで削り取られた土地にコンクリートが流し込まれているかのように見えた。

上に上るまで、つれてこられたところが結構町中だったから、こんなに近くにあると思っていなかった。
私の想像だともっと自然の中に滝があると思っていたのだけど、観光地化された街中にあったみたい。
ホテルとかカジノとか結構ある。


近づくとこんな感じ




ちょっと虹がでてた


壮大だった


周りは柵で囲われているけど、ちゃんと注意書きはある。


向こう側はアメリカ

左側に見えている橋の真ん中がアメリカとカナダの国境で、歩いて国境越えができるみたいです。
アメリカ側から滝を見たらどんなところから見るんだろう?

ツアーは2時間くらい滝周辺で自由時間があって、その後は国境沿いの道を走りながらナイアガラワールプール(Whirlpool)という渦のところへ。
冬はみるだけですが

夏はジェットボートに乗ったりできるらしい。ちょっと楽しそう。

あとは近くにある小さい街をみたり、


アイスワインの試飲に連れて行かれたり


ツアーっぽい感じを味わいながら20時くらいに泊まっているところまでまた送ってもらいました。
帰りはバスで映画のDVDが流されて、ちょっと日本っぽいなあと思った。移動教室の帰りはいつも寅さんだったような。

滝は1万年前の氷河期に形ができたらしく、それを思うとそれからずっとここに変わらずあるということがすごいな。

トロント滞在:2012年1月7日〜10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿