2012-01-09

バスで国境越え アメリカ→カナダ

ピッツバーグからまたバスに乗り、カナダトロント(Toronto)へ向けて出発。
約6時間半、20ドル。トロントがトントロにいつも空目する。

国が変わるわけだから当然入国審査があるはずだけど、バスだし、どういう感じで行われるのだろうと思いながら。

まずはアメリカとカナダの国境の街、バッファローというところまでバスでいった。
それまでの道のりは、雪だったり、


夕日だったり


ようやく到着したけど、車で国境を越える場所は一般の車両で渋滞していた。
バスは同じ場所だけど違う入り口へ移動して渋滞が解消するのを待つことはなかった。

どうやら入国審査があるらしい建物の前でバスが止まり、荷物が全ておろされた。
乗客も荷物をもって全員おりて、大きい荷物も持って、建物の中へ行き、入国審査官の元へ。

よくある「何しにきたの?」「何日いるの?」など簡単な質問を3つくらいされて通過。
荷物のチェックも全くなかった。審査が薄すぎて逆に大丈夫かと心配になるくらい。
まあ日本人だからってのもあるかもしれないけど。

そんな感じであっさり通過して、国境を越えたところで待っているバスにまた乗るのでした。
通過したすぐ後の場所(遠くにCANADAの文字が逆に写っている)


私としてはカナダからアメリカに入るときのほうが大変そうだからちょっと心配している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿