2011-10-14

寒くなってきたので小浜島を思い出す

先日エントリーした竹富島への訪問のあと、
いったん石垣島へ戻ってまたフェリーに乗って、今度は小浜島へ行きました。

小浜島は昔やっていたNHK朝ドラマの「ちゅらさん」で一度有名になったようです。

本当に小さい島なので、
車があれば2時間くらいで周れます。

島の南東のほうにはリゾートホテルがいくつかあって、
ゴルフしたりできるようで、島の反対側とは雰囲気が真逆でおもしろかった。


島に着くとすぐにレンタサイクルやレンタカー、レンタルバイクがあるので、
どれかを選んで出発。
とにかく日差しがすごかったので車にしました。
お店のおばさんが、どちらかというとおばちゃんと呼びたくなるようないかにもな島民の方で、
「ナビついてないからこれ見てね!」と手書きの地図!
それでも十分なくらいこの島は小さい。

あと意外と坂道が多いのでレンタサイクルは、見た限りだと普通のママチャリだったから、
あまり適さないのかなーと。

あとは島にはカーブミラーが1つしか存在しないので、
レンタルバイクは危なく見えました。



大岳(うたぶき) 場所
小浜島の真ん中にある山というか丘。
頂上まで結構急な階段を登りますが、距離は短いのでよい散歩。
頂上は360度見渡せて、近隣の島が見えます。
自分のいる場所がよくわかっておもしろいです。

階段を登るのが嫌な人は周り道ですが山道もあります。
ただしこういうでかいクモがわんさか。






小浜島ビーチリゾート 沖縄県八重山郡竹富町小浜758-1
ここは今でも謎の場所です。
レンタカー屋のおばさんは「大きいホテルがあって、今はやってないんだけど、入れるから」
と言っていた。
このピーク時にやっていないとはどういうことなのか・・・。


で、確かにホテルと、そのほか写真に写っているように、
小さい建物(別荘)がたくさんあるんだけど人の気配は全くないのです。
ホテルは入れると言われたけど、特にようもないので入らなかったから、
どういう感じだったのかはよくわからない。


ただ、ここの海はめちゃくちゃきれい。

そして全く音がしないんです。ほんとに何も。
すごく不思議な場所。



帰ってから調べてみたけどほとんど何もわかりませんでした。
小浜島ビーチリゾートとして1度破たんして、買収され、再度破たんしたそうです。
それが2008年の話。
2度目の破たんの前は貸別荘サンゴ倶楽部という名前だったようで、
Google mapにはその名前になっているし、貸別荘としてはいまだに検索するとでてくる。
でも多分やってないんだろうな・・・。

当時は1泊2万円くらいする高級ホテルだったらしいが、
このホテルの周り店も何もないし、店があって潰れた形跡もないので、
何もなかったんだと思う。
色んな人のブログを見ると今は廃墟めぐりの場所になっているとかいないとか。

海も昼間でこんなに浅くなってたら泳いだりできないよなー・・・。

結局今経営されているのか等々、わからないままですが、
色々失敗してしまったのだと思いつつ、
もし小浜島が1度有名になった時(2001年)にできたとしたら、
なんかこの場所への建設自体もう少し考えられなかったのかなと思ったりします。




集落
ここは本当に人が住んでいるのですが、
島のほぼ真ん中なので普通に通りました。
小学校の子たちが作ったと思われる標語看板がそこらじゅうにありました。

この写真の看板に書かれている文字は
「帰るからといって 守りなさい 島の心と 交通ルール」という意味だそうです。

他にも



などなど。ファミリーというのが気になります。

あとはマングローブがあったり、
港があったり、何もないけど私はこういうところが好きです。






誰か小浜島ビーチリゾートについて知っている人がいたら教えてください。
気になる・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿